• 202302_SD6_ウサギの足跡(2月13日撮影)
  • 202302_SD6_ウサギの足跡(2月13日撮影)
  • 202302_SD5_吹雪の後の坪庭(2月19日撮影)
  • 202302_SD4_朝雲染まる天狗岳(2月1日撮影)
  • 202302_SD3_夜明け前の星空(2月17日撮影)
  • 202302_SD2_三ッ岳と朝陽(2月27日撮影)
  • 202302_SD1_華やぐダケカンバ(2月6日撮影)

美しき雪景色への期待

クリスマス以降、大雪や-20℃クラスの厳しい冷え込みがないまま1ヶ月が経ってしまいました。 積雪量は例年の半分以下しかなく、樹氷も崩れ落ちて少し寂しい雪景色となっています。 1月24日からは厳しい冷え込みと降雪が見込まれるため、美しき雪山の景観が復活することを期待したいです。 当ヒュッテに宿泊して朝夕や星空の景観を楽しもうと計画している方には残念なお知らせとなるかもしれませんが、2月末までの土曜日はすべて満室となり、土曜日以外にも満室となっている日が何日かできてしまいました。 直前でなければ計画


穏やかな年始

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。 大雪や-20℃クラスの極寒といった冬の厳しさを感じさせない、穏やかな年明けとなりました。 特に降雪量は極端に少なく、3週間近くまとまった雪が降っていません。 樹氷は発達せずに少しずつ崩れ落ちていますが、山の上だけ雲に包まれて時折チラチラと雪が舞ったりするおかげで、北寄りの斜面で何とか樹氷の体裁を保っている状況です。 年末年始の北八ヶ岳には日帰り登山を中心に多くの登山者が訪れました。 今は積雪量が少なく、北八ヶ岳の登山道すべてにトレースができている状況です


年末年始情報

2022年最後の山小屋便りとなります。 新年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 年末年始の宿泊予約状況ですが、大晦日までの3日間は満室となりました。 1月1~3日と成人の日の連休はまだ空きがありますが、冬季の宿泊定員を15名以内としているため宿泊を予定されている方は早めのご予約をお願いします。平日は空いています。 外来利用は売店のみとなります。休憩利用及び食事や温かい飲み物等の提供も行っていないのでご承知おきください。 クリスマス頃の最低気温は-20℃近くまで下がり、最高気温は-15℃前後でし


厳冬期の始まり

積雪の少ない状態が続いていましたが、この1週間にまとまった降雪が2回あり、平均で50㎝程度の積雪量になりました。 寒さも厳しくなり、18日の最高気温が-13℃までしか上がらず、さらに強風も吹き荒れて地吹雪となり、厳冬期の始まりを感じさせる一日となったのです。 この降雪で三ッ岳や大岳~双子池間の大岩の重なる登山道のペンキ印が見つけにくくなっています。 道迷いだけでなく、新雪の乗った大岩の道は非常に歩き難く時間もかかるので、時間的なゆとりと慎重な行動を心掛けるようにしてください。 年末年始の宿泊予約


ロープウェイ運休

以前からお知らせしていましたが、北八ヶ岳ロープウェイは12月16日(金)まで整備点検運休となっています。 運休期間中の当ヒュッテの営業は宿泊予約のある日に限らせていただきますが、運休中は宿泊予約の入っていない日に所用を入れ込んでしまうので、お手数をおかけしますが宿泊を予定される方は一度お問い合わせください。 小屋番不在で清掃が行き届かなくなりますが、当ヒュッテの屋外トイレは使用できます。尚、北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅のトイレは使用できません。 ロープウェイ運休中に入山される方が最も気を付けなけれ