• 202212SD7_七ツ池の星夜(12月14日明け方撮影)
  • 202212SD6_佐久市街の明かりと光柱(12月11日撮影)
  • 202212SD5_明けゆく北アルプス(12月5日撮影)
  • 202212SD4_夕映えの八ヶ岳連峰(12月21日撮影)
  • 202212SD3_冬景色に輝く朝陽(12月15日撮影)
  • 202212SD2_月明かりの森(12月27日撮影)

ロープウェイ運休

以前からお知らせしていましたが、北八ヶ岳ロープウェイは12月16日(金)まで整備点検運休となっています。 運休期間中の当ヒュッテの営業は宿泊予約のある日に限らせていただきますが、運休中は宿泊予約の入っていない日に所用を入れ込んでしまうので、お手数をおかけしますが宿泊を予定される方は一度お問い合わせください。 小屋番不在で清掃が行き届かなくなりますが、当ヒュッテの屋外トイレは使用できます。尚、北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅のトイレは使用できません。 ロープウェイ運休中に入山される方が最も気を付けなけれ


宿泊料金改定のお知らせ

八ヶ岳山麓を覆うカラマツの黄葉林が晩秋の色合いとなり、間もなく本格的な冬が始まろうとしています。 八ヶ岳に限らず山小屋の冬季閉鎖の知らせも届くようになりましたが、通年営業の当ヒュッテでは冬支度をコツコツと進め、長い冬を迎える準備が概ね整いました。 2023年1月1日より宿泊料金を改定いたします。 素泊り料金の6,000円(夏季料金)は変わりませんが、夕食と朝食の金額をそれぞれ300円値上げさせていただき、夕食が2500円、朝食は1500円となります。 これにより1泊2食付きの夏季料金は10,00


冬の始まり

10月24日に新雪が2~5cm積もり、翌25日は最高気温が-4℃までしか上がらず、今シーズン初の真冬日となりました。 ひと月前に紅葉の盛りを迎えていた七ッ池の水面は凍り付き、水際の木々も雪に包まれて今は晩秋というよりも初冬といった感じです。 冬へ向かい始めた山岳地の登山道は氷雪路となって、アイゼン等の滑り止めが必要になることもあります。 今は滑り止めを着けなければ滑ってしまい、着ければ雪の無い岩の上では歩き難い状況です。 下りの方が転倒事故を起こしやすいので、下る時のことをよく考えて登るようにし


紅葉シーズン終盤

当ヒュッテのある標高2400m付近の紅葉はわずかに残るだけとなり、紅葉の見頃は標高1900m付近から標高2100m付近へと下がってきました。 坪庭のクロマメノキの紅葉が鮮やかになり、12日に訪れた亀甲池や双子池の紅葉も見頃となっていたので雨池も良い状態だと思います。 3週間前から始まった北八ヶ岳の紅葉シーズンもいよいよ終盤を迎えますが、白駒の池も紅葉が楽しめるようなので今週いっぱいは北八ヶ岳の紅葉の池巡りは楽しめそうです。 17日の週は急激に冷え込んでくる予報が出ているので、-5℃近くまで冷え込


散り葉と秋本番

10月1日の朝に初霜と初氷を観測しました。 紅葉の見頃を迎えていた七ッ池のミネカエデは、この冷え込みで茶枯れ始めてしまったのです。 枝に残っている葉よりも散り落ちてしまった葉の方が多く、あっという間に紅葉シーズン終盤の趣となってしまいました。 七ッ池水際の紅葉は終わりますが、森の中のミネカエデは良い状態を保っており、ナナカマドやダケカンバの色付きもピークに近付いているので北横岳でもまだまだ紅葉は楽しめます。 そして近日中には白駒の池、今週末頃に双子池や雨池の紅葉が見頃となりそうなので、これから始