• 2022201_SD6_明けゆく槍穂高
  • 2022201_SD5_明けゆく浅間山
  • 2022201_SD4_坪庭から望む北横岳(1月)
  • 202201_SD3_森に降る雪
  • 202201_SD2_夜空に輝く月
  • 202201_SD1_朝陽に染まる樹氷林

厳寒多雪

今冬は寒さの厳しい日と雪の降る日が多くなっています。 寒い日の気温自体は例年とさほど変わりませんが、寒さの緩む日がほとんどありません。 雪は1日で20㎝~30㎝積もることが何度もあり、例年2月末から3月に記録する最大積雪量に早くも近づいています。 積雪が増えてきたことで登山道以外を歩くスノーシューのトレースが増えてきました。 また、ルート探しで複数のトレースが出来てしまうこともあります。 ボーっと歩いていると登山道以外の踏み跡に迷い込んでしまうことがあるので、正しいルートを意識しながら歩くように


多雪に注意

本年もどうぞよろしくお願いいたします。 年末は雪の降る日が多く、新年となってからは晴れる日が多いものの強風が吹き荒れていました。 一転して5日は朝から快晴となり、気温は低いものの風はこの時期とすれば穏やかで、冬山の厳しさを感じさせない気持ちの良い一日でした。 1ヶ月前まで積雪は少なめだったのですが、このひと月で1mくらい増えました。 今の積雪量は雪の少なかった昨年と一昨年の最大積雪量と変わりがないほどで、最大積雪期となる3月頃にどれだけ積もってしまうのか少し心配です。あまり多くなってしまうと小屋


多雪の年末年始

まとまった雪の降る日が何日かあったため、久しぶりに雪たっぷりの年末年始となります。 この数年は積雪量が50㎝以下で物足りなさがありましたが、そのおかげで道迷い遭難は起きずにすみました。 ただ今冬は多雪により登山道が不明瞭となる可能性が高く、ルートを示す目印を見つけられず道探しに時間がかかったり、ラッセルで行動ペースが落ちることが想定できます。 そのため行程計画は時間的なゆとりを持たせることが重要となります。特に三ツ岳Ⅲ峰付近からⅠ峰付近までと北横岳以北へ向かう方は、道迷いに十分注意してください。


光柱

先週の7日から8日にかけて、まとまった雪が積もりました。 平均すれば30㎝程ですが、強風が吹き荒れたので80㎝以上の新雪の吹き溜まりもできていたのです。 少雪傾向が続いていましたが、やっと雪山らしくなってくれました。16日の夜から17日まで降雪の可能性が高いので、さらに積雪が増えることが予想されます。 今週末から営業が再開される北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅から北横岳山頂までは踏み跡が付きやすくなりますが、北横岳以北や三ツ岳~雨池峠間はラッセルを強いられることがあります。この方面に向かう方はカンジキ


少雪傾向

先週の30日は雨が降りました。 雪が少し積もったかと思うと雨が降ってしまうので今は少雪傾向です。 今週は地元の週間天気予報で雨だけでなく雪の降る日の予報も出ているので、少しまとまった積雪を期待したいと思います。 ロープウェイが運休していることもあり、週末であっても宿泊者のいない状況が続いています。 そのおかげと言うのも変ですが、12月5日は早起きをして山小屋の前でレナード彗星を撮影してみました。 この彗星の存在を知ったのはつい最近でしたが、すぐに撮影できたのは幸運でした。 早起きついでに山頂へ登