• 202210_SD8_雪化粧の七ツ池(10月23日撮影)
  • 202210_SD7_見頃を迎えた雨池(10月5日撮影)
  • 202210_SD6_黎明の八ヶ岳(10月16日撮影)
  • 202210_SD1_色付き進む双子池の落葉松林(10月3日撮影)
  • 202210_SD5_沈む落ち葉と霧氷(10月18日撮影)
  • 202210_SD4_大雪の翌朝(10月18日撮影)
  • 202210_SD3_朝の山肌(10月7日撮影)
  • 202210_SD2_山麓の紅葉と新雪の南アルプス(10月28日撮影)

Category: 山小屋便り

散り葉と秋本番

10月1日の朝に初霜と初氷を観測しました。 紅葉の見頃を迎えていた七ッ池のミネカエデは、この冷え込みで茶枯れ始めてしまったのです。 枝に残っている葉よりも散り落ちてしまった葉の方が多く、あっという間に紅葉シーズン終盤の趣となってしまいました。 七ッ池水際の紅葉は終わりますが、森の中のミネカエデは良い状態を保っており、ナナカマドやダケカンバの色付きもピークに近付いているので北横岳でもまだまだ紅葉は楽しめます。 そして近日中には白駒の池、今週末頃に双子池や雨池の紅葉が見頃となりそうなので、これから始


紅葉始まる

台風14号で被災された方々にお見舞い申し上げます。 この辺りも強風と大雨となりましたが、大きな被害はなさそうです。 例年よりやや早く、七ッ池の紅葉が始まりました。 見頃は今週末辺りからとなりそうです。 七ツ池は小さな池で紅葉も小規模なため、見応えという部分では物足りなさを感じるかもしれませんが、紅葉シーズンの始まりを感じるには十分な景観です。 当ヒュッテから2分程の場所なので、北横岳登山のついでにお立ち寄りいただければと思います。 今年の八ヶ岳での遭難件数は40件を超え、過去最多となっています。


夏から秋へ

台風の影響もあり、この数日は陽が差さなくても暖かな気温となっています。 台風の去った後は冷たい空気が入り込むようになるので、今後の最高気温は晴れた日でも15℃以下で朝の気温は7℃前後となってくると思われます。 山の様子ですが、花の季節は終盤となり、ヤマハハコとヤツタカネアザミが目立つだけとなりました。 木の実やキノコが目に留まり、落葉広葉樹の葉色が変わり始め、晩夏というよりも初秋といった趣の方が強く漂っています。 そして3週間後の9月下旬には、ヒュッテ付近の紅葉は見頃を迎えるのです。 連休や紅葉


登山道整備のお知らせ

8月下旬より北横岳南峰山頂直下(北横岳ヒュッテ側)の登山道整備を行います。 この整備作業の資材を8月22日(月)にヘリコプターで北横岳南峰山頂へ空輸予定です。 日にちは決まっていても天候等により延期されることもありますが、ヘリコプターの荷下ろし時は小石が飛び散るので、ヘリコプター接近時は南峰山頂手前の50m以上離れた場所で待機していただき、休憩される場合は北峰山頂でお願いいたします。 また、整備作業中はご迷惑をおかけすることになりますが、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。 話は変わ


登山者の少ない夏

時期的には盛夏であるものの、パッとしない天候と新型コロナウイルス感染拡大の影響もあるためか、昨年よりも登山者の少ない傾向が続いています。 宿泊者も少なめで、平日に限らず8月の土曜日でも宿泊予約の入っていない日があるほどです。 山でも感染問題は深刻で、山小屋滞在中に体調不良となった方が新型コロナウイルスに感染していたり、下山後に感染が判明する事例があるばかりか、山小屋の従業員が新型コロナウイルスに感染するケースも出ています。このような状況では山小屋に宿泊することを避ける傾向となってもやむを得ないの